ハッカー侵入に悩む 核兵器管理を行う米エネルギー省 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

ハッカー侵入に悩む 核兵器管理を行う米エネルギー省

国際 海外情報

●199回のハッカー攻撃

 米国エネルギー省が9月24日に発表したサイバーセキュリティの評価報告書の中で、会計年度2004年に入って199回もハッカーの攻撃を受け、3531のシステムが影響を受けていたことが明らかになった。

 報告書では、「適切な保護対策が取られていないシステムは、インターネットに載せると20分以内にハッカーなどの攻撃を受ける」とし、「他の政府機関や民間企業同様、基幹システムへの侵入や損害の脅威は常に大きくなって」いて、「サイバーセキュリティの分野で継続して警戒を強めていかなければ、非常に危険だ」と警告している。

 同省はエネルギーシステムの他にも、核兵器の管理を行い、科学技術の分野で核となる行政機関だ。2004年、約27億ドルをITの分野に投入して、セキュリティの強化を図ったが、なおも基幹システムへのリスクの特定・緩和のための認証・認可や、緊急時や災害時に作動を続ける、あるいは再開するための、非常事態計画作成などが、不完全だとしている。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×