ハッカー侵入に悩む 核兵器管理を行う米エネルギー省 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

ハッカー侵入に悩む 核兵器管理を行う米エネルギー省

●199回のハッカー攻撃

国際 海外情報
●199回のハッカー攻撃

 米国エネルギー省が9月24日に発表したサイバーセキュリティの評価報告書の中で、会計年度2004年に入って199回もハッカーの攻撃を受け、3531のシステムが影響を受けていたことが明らかになった。

 報告書では、「適切な保護対策が取られていないシステムは、インターネットに載せると20分以内にハッカーなどの攻撃を受ける」とし、「他の政府機関や民間企業同様、基幹システムへの侵入や損害の脅威は常に大きくなって」いて、「サイバーセキュリティの分野で継続して警戒を強めていかなければ、非常に危険だ」と警告している。

 同省はエネルギーシステムの他にも、核兵器の管理を行い、科学技術の分野で核となる行政機関だ。2004年、約27億ドルをITの分野に投入して、セキュリティの強化を図ったが、なおも基幹システムへのリスクの特定・緩和のための認証・認可や、緊急時や災害時に作動を続ける、あるいは再開するための、非常事態計画作成などが、不完全だとしている。


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×