スパマー、電子メール認証を順守 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

スパマー、電子メール認証を順守

国際 海外情報

John Leyden
2004年9月3日(金)14:51 GMT

 セキュリティ会社 CipherTrust 社が今週発表した報告書によると、スパマーは適正な電子メールの送信者よりも迅速に電子メール認証を順守しているだようだ。

 現在、SPF(Sender Policy Framework)を使用して送信されるメールの数は適正な電子メールよりもスパム・メールの方が多い。SPF とは、最近導入された電子メール認証プロトコルだ。CipherTrust 社の調査によると、SPF のチェックを通過したスパムメールは、適正な電子メールよりも 34% 多かった。その理由は、スパマーが自身の SPF 記録を積極的に登録しているからだという。

 送信者が認証されているという事実のみで、そのメール・メッセージが適正か否かを決定するのは理に適っていない。従って我々が以前にも指摘したように、この方法は万能薬ではないのだ。

 スパマーが送信者のアドレスを偽装せずプロトコルに準拠している限り、CipherTrust 社が 2004年2月からサポートしている SPF によりメッセージがはじかれることはない。CipherTrust 社が今夏、同社のメッセージセキュリティ・アプライアンス IronMail のユーザを対象に調査を行ったところ、SPF チェックを通過しないスパムメールの約 3 倍の数が SPF チェックを通過していた。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×