スパマー、電子メール認証を順守 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

スパマー、電子メール認証を順守

John Leyden 2004年9月3日(金)14:51 GMT

国際 海外情報
John Leyden
2004年9月3日(金)14:51 GMT

 セキュリティ会社 CipherTrust 社が今週発表した報告書によると、スパマーは適正な電子メールの送信者よりも迅速に電子メール認証を順守しているだようだ。

 現在、SPF(Sender Policy Framework)を使用して送信されるメールの数は適正な電子メールよりもスパム・メールの方が多い。SPF とは、最近導入された電子メール認証プロトコルだ。CipherTrust 社の調査によると、SPF のチェックを通過したスパムメールは、適正な電子メールよりも 34% 多かった。その理由は、スパマーが自身の SPF 記録を積極的に登録しているからだという。

 送信者が認証されているという事実のみで、そのメール・メッセージが適正か否かを決定するのは理に適っていない。従って我々が以前にも指摘したように、この方法は万能薬ではないのだ。

 スパマーが送信者のアドレスを偽装せずプロトコルに準拠している限り、CipherTrust 社が 2004年2月からサポートしている SPF によりメッセージがはじかれることはない。CipherTrust 社が今夏、同社のメッセージセキュリティ・アプライアンス IronMail のユーザを対象に調査を行ったところ、SPF チェックを通過しないスパムメールの約 3 倍の数が SPF チェックを通過していた。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×