IP対応の非接触型カードリーダを採用した入退管理システムを発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

IP対応の非接触型カードリーダを採用した入退管理システムを発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)は9月8日、企業内セキュリティの強化を実現する入退管理システム「SAFEWARE-iXシリーズ」を商品化、同日より販売を開始した。同シリーズは、IP対応の非接触型カードリーダを採用することで、10万人分の利用者情報の登録に対応する。また、利用者情報との照合を0.2秒以内で行なうことができ、センターサーバやネットワークなどの障害発生時にも入退管理を継続して行なえるなど、高い信頼性と可用性を実現している。さらに、1日あたり最大30万件の入退場履歴を蓄積することができ、同社の「EnterpriseDirectoryServer」を始めとする認証システムやワークフローシステムなどと容易に連携が可能だ。提供価格は800万円(非接触カードリーダ20台、サーバ1台の場合のシステム価格)となっている。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0409/0802.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×