IP対応の非接触型カードリーダを採用した入退管理システムを発売(NEC) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

IP対応の非接触型カードリーダを採用した入退管理システムを発売(NEC)

 日本電気株式会社(NEC)は9月8日、企業内セキュリティの強化を実現する入退管理システム「SAFEWARE-iXシリーズ」を商品化、同日より販売を開始した。同シリーズは、IP対応の非接触型カードリーダを採用することで、10万人分の利用者情報の登録に対応する。また、利用

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本電気株式会社(NEC)は9月8日、企業内セキュリティの強化を実現する入退管理システム「SAFEWARE-iXシリーズ」を商品化、同日より販売を開始した。同シリーズは、IP対応の非接触型カードリーダを採用することで、10万人分の利用者情報の登録に対応する。また、利用者情報との照合を0.2秒以内で行なうことができ、センターサーバやネットワークなどの障害発生時にも入退管理を継続して行なえるなど、高い信頼性と可用性を実現している。さらに、1日あたり最大30万件の入退場履歴を蓄積することができ、同社の「EnterpriseDirectoryServer」を始めとする認証システムやワークフローシステムなどと容易に連携が可能だ。提供価格は800万円(非接触カードリーダ20台、サーバ1台の場合のシステム価格)となっている。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0409/0802.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×