セキュリティホール情報<2004/08/17-1> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.23(土)

セキュリティホール情報<2004/08/17-1>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

──────────────────────────────〔Info〕─
▽▲ベンダやSIerにはもちろん、導入を検討中の企業にも参考となる資料▲▽
┏━┓┏━┓━╋━┏━┓┃┃┃┏━┓┃ ┃■ゲートウェイアンチウイルス
┃━┳┏━┫ ┃ ┣━┛┃┃┃┏━┫┗━┫     製品導入実態調査■
┗━┛┗━┻ ┗┛┗━┛┗┻┛┗━┻┗━┛〜約80社の企業ユーザが回答〜
詳細 → http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?gav01_netsec
───────────────────────────────────
※ 下記の情報は、SCAN シリーズの「Scan Daily EXpress」の見出しを転載したものです


<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ CuteNews─────────────────────────────
 ファイルをデータベースにストアするためのニュース管理システムであるCuteNewsは、show_archive.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:1.3.1
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ Adobe Acrobat Reader───────────────────────
 PDFファイル閲覧プログラムであるAdobe Acrobat Readerは、ActiveXコンポーネントの RTLHeapFree機能が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:5.0.5
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ Xephyrus JST───────────────────────────
 Xephyrus JST(Java Simple Template Engine)は、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にパスワードファイルやシステム構成などを閲覧される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:3.0およびそれ以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:3.1以降へのバージョンアップ

▽ Simple Form───────────────────────────
 メール送信用のPerlスクリプトであるSimple Formは、admin_email_toおよびadmin_email_fromパラメータが適切なフィルタを行っていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意あるメールを不正に送信される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.2以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:2.2以降へのバージョンアップ

▽ QuiXplorer────────────────────────────
 QuiXplorerは、ユーザ入力を適切にフィルタしていないことが原因でディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを閲覧される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.3およびそれ以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:2.3.1以降へのバージョンアップ

▽ vRating─────────────────────────────
 vRatingは、複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に権限を昇格されたり機密情報を奪取される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:4.0、4.01
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ PHP-Nuke─────────────────────────────
 ニュースベースWebサイトの作成、管理ソフトであるPHP-Nukeは、ユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:7.x
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ Moodle──────────────────────────────
 PHPベースのCMSであるMoodleは、細工されたHTMLやJavaScriptを含むURLリンクをpost.phpスクリプトに送ることでクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:1.3
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:1.3.3以降へのバージョンアップ

▽ SpeedTouch────────────────────────────
 Thomson製のADSLルータであるSpeedTouchは、予測可能なTCPイニシャルシーケンスナンバーを生成することが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデバイスを乗っ取られる可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:ファームウェアGV8BAA3.270
 影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
 回避策:公表されていません

▽ Check Point VPN-1 / FireWall-1──────────────────
 Check Point VPN-1およびFireWall-1は、ASN.1ライブラリが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に細工されたISAKMPパケットによって任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/07/29 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:FireWall-1、VPN-1
 影響を受ける環境:Sun Solaris、Linux、Windows
 回避策:パッチのインストール


<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ WS_FTP Server──────────────────────────
 FTPサーバであるIpswitchのWS_FTP Serverは、細工されたURLによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にファイルのフルパスやユーザ名、日付、時刻などの機密情報を奪取される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ MAILsweeper───────────────────────────
 MAILsweeperは、いくつかの圧縮フォーマットの添付ファイルを適切にチェックしないセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意ある添付ファイルを送付される可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:4.3.15以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:4.3.15以降へのバージョンアップ

▽ Adobe Acrobat──────────────────────────
 Adobe Acrobatは、ActiveXコンポーネントが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:6.02およびそれ以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ NETGEAR DG834G──────────────────────────
 無線ファイアウォール、ルータ、スイッチであるNETGEAR DG834Gは、細工されたURLリクエストによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にルートアクセスを獲得される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:
 影響を受ける環境:NETGEAR DG834G
 回避策:公表されていません

▽ MIMEsweeper───────────────────────────
 Webトラフィックの分析プログラムであるMIMEsweeperは、細工されたURLリクエストによってディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを閲覧される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:5.0.1
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:5.0.5以降へのバージョンアップ

▽ BlackICE─────────────────────────────
 BlackICE Server ProtectionおよびBlackICE PC Protectionは、DoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:ベンダの回避策を参照

▽ Bluetooth Communication Software─────────────────
 WIDCOMMのBTW(Bluetooth Communication Software for Windows)およびBTW-CE/PPC(Bluetooth Communications Software for Pocket PC devices)は、バッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデバイス上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.0以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:3.0以降へのバージョンアップ

▽ Sygate Enforcer─────────────────────────
 ネットワークゲートウェイデバイスであるSygate Enforcerは、DoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデバイスを応答不能にされる可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:4.0およびそれ以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Sygate Enforcer─────────────────────────
 ネットワークゲートウェイデバイスであるSygate Enforcerは、フィルタリング機能を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にブロードキャストトラフィックを送付される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:3.5MR1以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:3.5MR1以降へのバージョンアップ

▽ ServerMask────────────────────────────
 MS IIS用のHTTPレスポンス修正ツールであるServerMaskは、細工されたクエリによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.2およびそれ以前
 影響を受ける環境:Windows IIS 4、5、5.1
 回避策:公表されていません

▽ Sygate Secure Enterprise─────────────────────
 ポリシーマネジメントプログラムであるSygate Secure Enterpriseは、DoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に利用可能なリソースをすべて消費される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:3.5MR3以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:3.5MR3以降へのバージョンアップ

▽ VentaFax─────────────────────────────
 FAXおよび留守番電話ソフトウェアであるVentaFaxは、権限を昇格されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコマンドを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:5.4
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ AIM───────────────────────────────
 インスタントメッセンジャーソフトであるAIM(AOL Instant Messenger)は、'aim:'URIハンドラのgoaway機能がユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:5.5.3595
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Serv-U FTP server────────────────────────
 FTPサーバソフトであるServ-U FTP serverは、デフォルトでアドミニストレーションアカウントを送ることが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に権限を昇格される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.x、4.x、5.x
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Opera──────────────────────────────
 WebブラウザであるOperaは、"location"オブジェクトが書き込み可能に設定されている場合に複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取されたりクロスサイトスクリプティングを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/06 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:7.53以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:7.54以降へのバージョンアップ

▽ Mozilla / Firefox / Thunderbird─────────────────
 Mozillaは、複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意あるWebページを信頼できるサイトとしてリダイレクトされたり、バッファオーバーフローを引き起こされシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/04 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:Firefox 0.9以前
             Mozilla 1.7以前
             Thunderbird 0.7以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:0.9以降へのバージョンアップ(Firefox)
     1.7以降へのバージョンアップ(Mozilla)
     0.7以降へのバージョンアップ(Thunderbird)


<Microsoft>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ Microsoft Exchange Server────────────────────
 Microsoft Exchange Serverは、Outlook Web Accessが細工された文字列を適切に処理していないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のスクリプトを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 最大深刻度 : 警告
 影響を受けるバージョン:5.5 SP4以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:Windows Updateの実行

▽ Microsoft Internet Explorer───────────────────
 Microsoft Internet Explorerは、実装上の原因で複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを参照されたり任意のコードを実行される可能性がある。[更新]
 2004/08/02 登録

 最大深刻度 : 緊急
 影響を受けるバージョン:5.01 SP2〜6 SP1
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:Windows Updateの実行


<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ WS_FTP Server──────────────────────────
 FTPサーバであるIpswitchのWS_FTP Serverは、細工されたURLによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にファイルのフルパスやユーザ名、日付、時刻などの機密情報を奪取される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ MAILsweeper───────────────────────────
 MAILsweeperは、いくつかの圧縮フォーマットの添付ファイルを適切にチェックしないセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意ある添付ファイルを送付される可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:4.3.15以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:4.3.15以降へのバージョンアップ

▽ Adobe Acrobat──────────────────────────
 Adobe Acrobatは、ActiveXコンポーネントが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:
 影響を受けるバージョン:6.02およびそれ以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ MIMEsweeper───────────────────────────
 Webトラフィックの分析プログラムであるMIMEsweeperは、細工されたURLリクエストによってディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のファイルを閲覧される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:5.0.1
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:5.0.5以降へのバージョンアップ

▽ BlackICE─────────────────────────────
 BlackICE Server ProtectionおよびBlackICE PC Protectionは、DoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:ベンダの回避策を参照

▽ Bluetooth Communication Software─────────────────
 WIDCOMMのBTW(Bluetooth Communication Software for Windows)およびBTW-CE/PPC(Bluetooth Communications Software for Pocket PC devices)は、バッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデバイス上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.0以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:3.0以降へのバージョンアップ

▽ Sygate Enforcer─────────────────────────
 ネットワークゲートウェイデバイスであるSygate Enforcerは、DoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデバイスを応答不能にされる可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:4.0およびそれ以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Sygate Enforcer─────────────────────────
 ネットワークゲートウェイデバイスであるSygate Enforcerは、フィルタリング機能を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にブロードキャストトラフィックを送付される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:3.5MR1以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:3.5MR1以降へのバージョンアップ

▽ ServerMask────────────────────────────
 MS IIS用のHTTPレスポンス修正ツールであるServerMaskは、細工されたクエリによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:2.2およびそれ以前
 影響を受ける環境:Windows IIS 4、5、5.1
 回避策:公表されていません

▽ Sygate Secure Enterprise─────────────────────
 ポリシーマネジメントプログラムであるSygate Secure Enterpriseは、DoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に利用可能なリソースをすべて消費される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:3.5MR3以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:3.5MR3以降へのバージョンアップ

▽ VentaFax─────────────────────────────
 FAXおよび留守番電話ソフトウェアであるVentaFaxは、権限を昇格されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコマンドを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:5.4
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ AIM───────────────────────────────
 インスタントメッセンジャーソフトであるAIM(AOL Instant Messenger)は、'aim:'URIハンドラのgoaway機能がユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。[更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:5.5.3595
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Serv-U FTP server────────────────────────
 FTPサーバソフトであるServ-U FTP serverは、デフォルトでアドミニストレーションアカウントを送ることが原因でセキュリティホールが存在する。の問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に権限を昇格される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.x、4.x、5.x
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:公表されていません

▽ Opera──────────────────────────────
 WebブラウザであるOperaは、"location"オブジェクトが書き込み可能に設定されている場合に複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に機密情報を奪取されたりクロスサイトスクリプティングを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/06 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:7.53以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:7.54以降へのバージョンアップ

▽ Mozilla / Firefox / Thunderbird─────────────────
 Mozillaは、複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に悪意あるWebページを信頼できるサイトとしてリダイレクトされたり、バッファオーバーフローを引き起こされシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/04 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:Firefox 0.9以前
       Mozilla 1.7以前
       Thunderbird 0.7以前
 影響を受ける環境:Windows
 回避策:0.9以降へのバージョンアップ(Firefox)
   1.7以降へのバージョンアップ(Mozilla)
   0.7以降へのバージョンアップ(Thunderbird)


<UNIX共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽ CVS───────────────────────────────
 CVS(Concurrent Versions System)は、"history"コマンドへのフラグが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にファイルやディレクトリの存在を決定される可能性がある。
 2004/08/17 登録

 危険度:中
 影響を受けるバージョン:1.11
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:0.9.16.002以降へのバージョンアップ

▽ Adobe Acrobat Reader───────────────────────
 PDFファイルのビューワプログラムであるAdobe Acrobat Readerは、uudecodeユーティリティが細工されたファイル名を適切にチェックしていないことが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:5.0.5、5.0.6
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:5.0.9以降へのバージョンアップ

▽ KDE Konqueror──────────────────────────
 KDE用のファイルマネージャおよびWebブラウザであるKDE Konquerorは、実装上の原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にフレーム内のコンテンツを偽装される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.2.3以前
 影響を受ける環境:UNIX、Sun Solaris、BSD、Linux
 回避策:パッチのインストール

▽ KDE DCOPServer──────────────────────────
 X Window System用のデスクトップアプリケーションであるKDEは、DCOPServerが不適切な方法で一時ファイルを作成することが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ユーザが危険な状態にさらされる可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.2、3.2.1、3.2.2、3.2.3
 影響を受ける環境:UNIX、Sun Solaris、BSD、Linux
 回避策:パッチのインストール

▽ KDE───────────────────────────────
 X Window System用のデスクトップアプリケーションであるKDEは、テンポラリディレクトリの所有者を適切にチェックしていないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にアプリケーションの動作を妨げられたりユーザ権限を奪取される可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:高
 影響を受けるバージョン:3.2.3以前
 影響を受ける環境:UNIX、Sun Solaris、BSD、Linux
 回避策:パッチのインストール

▽ SpamAssassin───────────────────────────
 スパムフィルタであるSpamAssassinは、細工されたメッセージによってセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
 2004/08/16 登録

 危険度:低
 影響を受けるバージョン:2.63-r1およびそれ以前
 影響を受ける環境:UNIX、Linux
 回避策:2.64以降へのバージョンアップ
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  6. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  7. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  8. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  9. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  10. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×