PocketPC を狙ったトロイの木馬 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

PocketPC を狙ったトロイの木馬

John Leyden 2004年8月5日(木)14:11 GMT

国際 海外情報
John Leyden
2004年8月5日(木)14:11 GMT

 ロシアのウイルス・ハンターである Kaspersky Labs は Microsoft の PocketPC オペレーティング・システムを稼動している PDA に感染するトロイの木馬プログラムを検知した。

 PocketPC への感染が検知されたウイルス Brador-A の数は極めて少ないが、Brador-A は PocketPC を稼動するハンドヘルドの PC に感染可能な初めてのバックドア・プログラムと見なされている。以前に確認された PocketPC のウイルスは悪意のある目的でコード化されたわけではなく、実験用として作成されたものだった。しかし Brador-A は一連の悪質なルーティンを伴って事前に読み込まれることにより、その状況を一変させた。

 しかし Kaspersky Labs の上級技術コンサルタントの David Emm 氏は、少なくても現時点においては PocketPC のユーザが前述のトロイの木馬についてそう心配する必要はないと語っている。同氏によると、今のところ悪質なプログラムは Kaspersky Labs において確認されているのみで、インターネット上に蔓延していない。さらに、PocketPC が感染するにはユーザがトロイの木馬を実行する必要がある。「ウイルスは、'PocketPC 対応のこの面白いゲームを試してみて' と書かれた電子メールを送信することで拡散すると思われる。従って危険ではあるが、さしあたって PocketPC のユーザはそう大げさに心配することはない」と同氏。

 Brador-A は、トロイの木馬が開けたポートを介して感染した PDA をそのウイルス作者が完全に制御できるよう設計されている。あらゆるバックドアと同様に Brador-A は自身で拡散することはできず、電子メールの添付として届けられるか、インターネットからダウンロードされるか、あるいはデスクトップから他のデータと一緒にアップロードされる。

[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×