DCカードの顧客情報34人分が流出の可能性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

DCカードの顧客情報34人分が流出の可能性

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
▽▲ベンダやSIerにはもちろん、導入を検討中の企業にも参考となる資料▲▽
┏━┓┏━┓━╋━┏━┓┃┃┃┏━┓┃ ┃■ゲートウェイアンチウイルス
┃━┳┏━┫ ┃ ┣━┛┃┃┃┏━┫┗━┫     製品導入実態調査■
┗━┛┗━┻ ┗┛┗━┛┗┻┛┗━┻┗━┛〜約80社の企業ユーザが回答〜
詳細 → http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?gav01_netsec
───────────────────────────────────


 DCカードは7月12日、34人分の顧客情報が流出した可能性があると発表した。今月8日に社外の人間から「顧客リストを持っている」と連絡があり、9日に同社がリストを入手して調査したところ顧客情報であることを確認した。リストには氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所、電話番号の6項目の情報が記載されていた。同社では警視庁渋谷署に相談するとともに調査、対策チームを発足、流出ルートや流出した情報の規模の特定を急いでいる。


DCカード:お客様情報が流出した可能性に関するお詫び
http://www.dccard.co.jp/information/customerinfo.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×