5月31日のWeb改竄情報 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

5月31日のWeb改竄情報

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

──────────────────────────────〔Info〕─
期間限定!年間購読料【3,000円】 キャンペーン好評実施中! ┃  ☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ☆★☆
◆規格・制度に特化したセキュリティ専門誌「Scan Security Management」
◇セキュリティ情報総合誌「Scan Security Wire」
 詳細: http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?SWM100_netsec
───────────────────────────────────


 5月28日および29日、2件3サイトのWebサイト改竄が確認されている。改竄を行ったのは、株式会社イマジンがXfaulz、株式会社イーオン・デジタル・ワークスがSPYKIDSと名乗るグループで、OSは前者がLinux、後者はWindowsを使用していた。なお、31日現在、すべてのサイトが復旧している。


・復旧されているサイト

株式会社イマジン
http://auction.imagine.co.jp/

株式会社イーオン・デジタル・ワークス
http://www.5minutes.co.jp/
http://www.perapera.co.jp/


※この情報は以下のサイトを参考にさせていただきました。

Zone-H.org
http://www.zone-h.org/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×