マイクロソフトのパッチ適用後に不具合発生が確認された | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

マイクロソフトのパッチ適用後に不具合発生が確認された

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
・゜・☆。・゜。・。      合格率7%のインターネット検定
・。。・。゜・☆。・゜。・    【 .com Master★★★ 対策セミナー 】
。・゜ ・゜・ 。 ・゜・☆。・゜。・。。・
☆・゜。・゜。  他では手に入らない2004年度版オリジナル問題集を配布!
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?s-coml01_netsec
───────────────────────────────────


 マイクロソフトは4月30日、「Microsoft Windows のセキュリティ修正プログラム (835732) (MS04-011)」のパッチを適用後、不具合の発生が確認されたと発表した。具体的には、PCが応答を停止したり、ログオンができなくなったり、CPU使用率が100%になってしまうというもの。現在のところ対策パッチは公開されていないが、MS04-011のパッチを適用しないとSasserワームに感染する可能性が高いため、同社ではIPSecポリシーサービスを無効にするなどの回避策を提供している。


Microsoft Knowledge Base Article - 841382:MS04-011 のインストール後にコンピュータが応答を停止、ログオン不可、CPU 使用率 100% の現象が発生する
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;841382
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×