フィラデルフィア証券取引所が「RSA SecurID」を採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

フィラデルフィア証券取引所が「RSA SecurID」を採用(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは4月5日、フィラデルフィア証券取引所が、二要素認証ソリューション「RSA SecurID」およびSSL VPN製品「Netilla Security Platform」を採用したと発表した。「RSA SecurID」は、社員の生産性を向上し、外部侵入者からの機密のアプリケーションやデータへのアクセスを防ぐことができるソリューション。各ユーザはログイン時にRSA SecurIDトークンが生成する一度だけのパスコードを入力することでユーザ認証を行い、オンライン・アイデンティティの盗用を防止することができる。両製品を組み合わせることにより、リモート・ユーザおよびモバイル・ユーザの重要なアプリケーション・アクセスが可能になると同時に、セキュリティ、ユーザの利便性、ROIが向上するとしている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200404051.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×