オープンソース脆弱性データベースの公開 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

オープンソース脆弱性データベースの公開

国際 海外情報

John Leyden
2004年4月1日 18:23 GMT

 オープンソース脆弱性データベース (Open Source Vulnerability Database:OSVDB) の目的は、情報セキュリティ業界の隙間を埋めることだ。

 現在、脆弱性データベースはいくつかある。しかし、民間が運用しているデータベースや、その他のデータベースは一部の脆弱性に限定されていたり、また脆弱性の内容自体に著しい制限を加えている場合もある。

「包括的且つ無償で利用可能であり、またコミュニティに対して責任のあるデータベースはない」と OSVDB は述べている。

 その目的を実現すべく、OSVDB プロジェクトは先ず、このプロジェクトを推進する主要メンバーの選定、脆弱なデータを収集し検証する技術的インフラの構築、そしてオープンソースの脆弱性レコードを作成する投稿者らの確保に心血を注いだ。

 その作業に約 2 年を費やし、やっとデータベースの公開に漕ぎつけたのである。

 OSVDB の最終目標は "バイアスのかかっていない完全なデータベース" だ。

 しかし、それは難しい課題と思われる。

 OSVDB がセキュリティ製品の開発者にとって脆弱性データの包括的リソースとなることが理想だ、とシステム管理者やビジネスマンそして大学の研究者らは言う。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×