オープンソース脆弱性データベースの公開 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

オープンソース脆弱性データベースの公開

John Leyden 2004年4月1日 18:23 GMT

国際 海外情報
John Leyden
2004年4月1日 18:23 GMT

 オープンソース脆弱性データベース (Open Source Vulnerability Database:OSVDB) の目的は、情報セキュリティ業界の隙間を埋めることだ。

 現在、脆弱性データベースはいくつかある。しかし、民間が運用しているデータベースや、その他のデータベースは一部の脆弱性に限定されていたり、また脆弱性の内容自体に著しい制限を加えている場合もある。

「包括的且つ無償で利用可能であり、またコミュニティに対して責任のあるデータベースはない」と OSVDB は述べている。

 その目的を実現すべく、OSVDB プロジェクトは先ず、このプロジェクトを推進する主要メンバーの選定、脆弱なデータを収集し検証する技術的インフラの構築、そしてオープンソースの脆弱性レコードを作成する投稿者らの確保に心血を注いだ。

 その作業に約 2 年を費やし、やっとデータベースの公開に漕ぎつけたのである。

 OSVDB の最終目標は "バイアスのかかっていない完全なデータベース" だ。

 しかし、それは難しい課題と思われる。

 OSVDB がセキュリティ製品の開発者にとって脆弱性データの包括的リソースとなることが理想だ、とシステム管理者やビジネスマンそして大学の研究者らは言う。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×