Raymond James FinancialがRSA SecurIDとRSA ClearTrustを採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

Raymond James FinancialがRSA SecurIDとRSA ClearTrustを採用(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは3月9日、Raymond James Financial社が、アイデンティティ管理とアクセス管理にRSA Securityの二要素認証ソフト「RSA SecurID」およびWebアクセス管理ソフト「RSA ClearTrust」を採用したと発表した。Raymond Jamesはグローバル投資情報サービス機関で、全世界に2,100を超えるオフィスをもち、企業ユーザ・コミュニティに対してアカウント情報、金融データ、その他各種Webリソースへのオンライン・アクセスを提供している。今回RSA ClearTrustを採用したことにより、ユーザ・アイデンティティ、認証ポリシー、ユーザ特権を中央集中型で管理し、社内ポータル、アプリケーション・サーバ、その他の保護されたWebリソースにアクセスするユーザのアクセス制御を行いながらRSA SecurIDによる強力な認証が可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200403091.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×