MS スパマー対策に乗り出す | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

MS スパマー対策に乗り出す

News IS 2004月3月1日 10:17 GMT

国際 海外情報
News IS
2004月3月1日 10:17 GMT

 先週の RSA カンファレンスで Bill Gates 氏は Microsoft のスパム対策計画を発表した。その中で注目すべきは、同社の Co-ordinated Spam Reduction Initiative(CSRI)と呼ばれるスパム対策計画と電子メールに施す技術提案でそれは所謂、電話業界のコーラ ID システムのような技術だ。

 CSRI には、ポリシーおよび技術インフラの変更に関する概要が含まれており、具体的には、コーラ ID システムを導入することで、通常スプーフィングと呼ばれる "From" アドレスを偽装した電子メールが蔓延するのを阻止しようとするものだ。

 Microsoft は CSRI を メールの正規の送信者が自身ドメイン名をスパマーにより不正使用されないようにするメカニズムと説明している。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×