続々と登場する亜種はワーム作者間の抗争?! | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

続々と登場する亜種はワーム作者間の抗争?!

──────────────────────────────〔Info〕─ ┌<無料ツールでもここまでできる!>────────────────┐ │ ★ 無料ツールで作るセキュアな環境セミナー ★  3月9日(火)開催! │ └──────────────────

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕─
┌<無料ツールでもここまでできる!>────────────────┐
│ ★ 無料ツールで作るセキュアな環境セミナー ★  3月9日(火)開催! │
└─────────────────────────────────┘
       〜暗号化ツールを使った情報漏洩対策ネットワーク構築講座〜
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssa009_netsec
───────────────────────────────────


 米Sophos社をはじめとするセキュリティベンダ各社は、続々と登場するBagle、Netsky、MyDoomの3種類のワームの亜種は、それぞれの作者同士による抗争という見解を発表している。Sophosの発表によると、ワームのソースコードを解析するとNetskyの作者達はBagleに対して、Bagleの作者達はNetskyに対して、MyDoomの作者達はNetskyに対して互いを攻撃する言葉が挿入されているという。すでに別のワームに感染している場合に削除しようとする動作は、抗争の表れであるとしている。

米Sophos:Bagle and Netsky battle for supremacy in war of the worms, S
ophos advises
http://www.sophos.com/virusinfo/articles/wormwar.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×