コンピュータ科学捜査カンファレンスの講演者、決定 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

コンピュータ科学捜査カンファレンスの講演者、決定

国際 海外情報

John Leyden
2004年2月6日 14:51 GMT

 待望のコンピュータ科学捜査国際カンファレンスが 3 月初旬、スコットランド、エジンバラで開催される予定だ。その講演者が発表された。

 FIDES04 (Forensic Institute Digital Evidence Symposium 2004) の参加予定国は米国、インド、ノルウェイ、英国などで、それらの国々の講演者が世界中の関心を集めている。カンファレンスを運営するのは、科学捜査学会とコンピュータ科学捜査会社の N-Gate 社だ。

 FIDES04 の議長を務めるのはハル大学インターネット・コンピュータ・センターの Angus Marshall 氏だ。同氏は最近、学校教師 Jane Longhurst 失踪殺人事件の捜査にコンピュータ科学捜査官として関与し、サセックス州ホーヴ在住 Graham Coutts(35歳)を Longhurst 氏殺害の容疑で捕らえた。彼は現在、終身刑で服役している。

 Marshall 氏は次のように述べた。「電子証拠は日々の生活において大きな役割を果たしており、また重大な事項として取り扱うべきである。このようなフォーラムは、企業、法の執行機関、大学関係者などが経験、情報、アイディアなどを共有できる素晴らしい機会を提供するだろう」。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×