RSA SecurID認証サーバの最新版「RSA ACE/Server 5.2」を出荷開始(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

RSA SecurID認証サーバの最新版「RSA ACE/Server 5.2」を出荷開始(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 RSAセキュリティ株式会社は2月3日、RSA SecurIDの認証要求を処理する認証サーバ・ソフトウェアの最新版「RSA ACE/Server 5.2」を2月16日より出荷開始すると発表した。「RSA ACE/Server」は、「RSA SecurID」二要素認証ソフトウェアが生成したワンタイムパスワードを、ACE/Serverが同時刻に生成たワンタイムパスワードとの一致を確認して認証処理を行うもので、SSL-VPNやIPSec-VPNにおけるユーザ認証やワイヤレスLANの認証システムとして使われている。今回発売される最新版「RSA ACE/Server 5.2」では、レポート作成やデータベースとの同期化、全サーバを対象にしたログ記録など運用管理機能を強化している。また、新たにMicrosoft Windows Server 2003のサポート、PINless(ピンレス)トークンのサポート機能を追加した。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200402031.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×