コンテンツ保護ツール「Webコンテンツプロテクター ver.2.1」を発売(野村総合研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

コンテンツ保護ツール「Webコンテンツプロテクター ver.2.1」を発売(野村総合研究所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、機密文書の情報流出を防止するデジタルコンテンツ保護ソリューション「Webコンテンツプロテクター ver.2.1」およびそのアドオン製品である「COMFlow(コムフロー)」の販売を開始した。「Webコンテンツプロテクター」は、米Probix社が開発したデジタルコンテンツを保護するソリューションで、Webサーバ上に保管されたWord、Excel、PowerPoint、PDF、HTMLなどの各種ファイルや、情報システムの表示画面(顧客情報の検索結果など)について、閲覧者による印刷、コピー、画面キャプチャなどを抑止し、情報の流出を防ぐもの。Ver.2.1では、Linuxのサポート、Adobe Reader 6.0への対応、透かし入り印刷機能の拡張などが追加された。また、「COMFlow」は、前製品の適用範囲を広げることを目的にNRIが独自開発した製品で、高度なセキュリティレベルを維持しつつ、重要文書をスムーズに公開することを可能とする製品。価格は「Webコンテンツプロテクター」が350万円〜、「COMFlow」は100万円〜。

http://www.nri.co.jp/news/2003/031212.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×