国際法律事務所Bryan Cave LLPが「RSA SecurID」を採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

国際法律事務所Bryan Cave LLPが「RSA SecurID」を採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは12月8日、国際法律事務所のBryan Cave LLPが二要素認証ソフトウェア「RSA SecurID」を採用したと発表した。「RSA SecurID」は、ユーザ自身を二要素で識別し、VPN、リモートアクセス、Webサーバ、ネットワークOS、ワイヤレスネットワークなどへ安全にア

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは12月8日、国際法律事務所のBryan Cave LLPが二要素認証ソフトウェア「RSA SecurID」を採用したと発表した。「RSA SecurID」は、ユーザ自身を二要素で識別し、VPN、リモートアクセス、Webサーバ、ネットワークOS、ワイヤレスネットワークなどへ安全にアクセスできる認証ソフトウェア。Bryan Cave LLPでは、世界各地の事務所および所属弁護士がアプリケーションに世界のどこからでもリモートから安全に接続できる体制を必要としていた。そこで、RSA SecurWorld Channel PartnerであるEnterprise Consulting Groupの高度なインフラ・サービスを利用して、プライベート・ネットワークへのセキュア・アクセスを確立し、安全なリモートアクセスの実現のため「RSA SecurID」を採用した。これによりBryan Cave LLPは、クライアントの機密情報の保護、ネットワークの整合性の確保を実現した。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200312081.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×