英国の ID 窃盗犯、35 万ポンド相当の詐欺で禁固刑 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

英国の ID 窃盗犯、35 万ポンド相当の詐欺で禁固刑

John Leyden 2003年11月21日 17:51 GMT

国際 海外情報
John Leyden
2003年11月21日 17:51 GMT

 11月21日、ID 窃盗および詐欺に関与した罪で 6 人の英国人男性に合わせて 15 年半の禁固刑が言い渡された。2 年以上にわたって彼らが詐欺で得た金額は 35 万ドルで、英国史上この種の事件では最も被害が大きいとされている。

 彼らはネット上で窃取した偽の ID を利用して銀行口座を開設。そしてクレジットカードの取得やローンおよび当座借越の申請を行い、Lloyds TSB から 315 万ポンド、そして Halifax および信用組合銀行から 3 万ポンドを騙し取った。

 Lloyds TSB から詐欺の通報を受けた英国家ハイテク犯罪対策部(NHTCU)は捜査を開始し、ロンドン周辺で 6 人の男性を逮捕した。捜査の一環として、警察は何千というロンドンやホームカウンティに住む人々のパスポート、ガスや電気水道代などを調べ証拠を探した。

 NHTCU によると、6 名の犯人グループは "洗練された技術を駆使してインターネットを悪用し、偽の ID を取得した"。彼らは不動産オークション・サイトからの情報を利用して、最近死亡した人たちの情報を入手した。そして、死亡した人たちの名前でアカウントを申請し、それと同時に犯人グループが "ゴーストメール" を受信し、そして不正な申請を "確認" できるアドレスにメールをリダイレクトさせるようにした。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×