マイクロソフトのパッチによってIEのスクロール機能などに不具合 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

マイクロソフトのパッチによってIEのスクロール機能などに不具合

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
   \\  \\ ☆ フリーウェアで高価な商用ツールに匹敵する環境を
\\   \\  ★   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   \\  ☆     ┃  LINUXサーバ『 完全要塞化 』講座  ┃
\\   ★       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ☆ 詳細⇒ http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssa003_netsec
───────────────────────────────────


 マイクロソフトは11月19日、MS03-048(Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新 )に対するセキュリティパッチをインストールした際に不具合が発生することを発表した。IE5.01 SP2〜6.0SP1の環境では、スクロールバーの空白部分をクリックした際に2ページ分がスクロールされたり、選択した範囲が解除されるといった不具合が発生する。同社では原因を調査中であり、修正プログラムの提供は未定だという。


マイクロソフト技術情報
http://support.microsoft.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×