タイムスタンプ局向けの認証局構築・サービス開始(日本電子公証機構) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

タイムスタンプ局向けの認証局構築・サービス開始(日本電子公証機構)

 株式会社日本電子公証機構は、Windows Server 2003の環境を利用した、タイムスタンプ局(TSA)向けの証明書を発行する認証局の構築と認証事業のサービス提供を開始すると発表した。同サービスは、セイコーインスツルメンツ、日本ユニシス、マイクロソフトとの協力で実

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社日本電子公証機構は、Windows Server 2003の環境を利用した、タイムスタンプ局(TSA)向けの証明書を発行する認証局の構築と認証事業のサービス提供を開始すると発表した。同サービスは、セイコーインスツルメンツ、日本ユニシス、マイクロソフトとの協力で実現したもので、タイムスタンプ局向けのデジタル証明書を発行する認証サービスはこれが日本初。発行するのは5年間有効性検証可能なタイムスタンプトークン。これを利用することで、電子署名文書の長期保存が可能となる。サービス提供は12月上旬の予定。料金は年間20万円/サーバ。

http://www.jnotary.com/pressrelease/pressrelease.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×