陪審員、英国の十代少年によるハッキング事件の判決に苦慮 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

陪審員、英国の十代少年によるハッキング事件の判決に苦慮

国際 海外情報

John Leyden
2003年10月15日 19:06 GMT

 米国の主要な港にサイバー攻撃を行ったとして告訴されている英国の十代少年の裁判で、陪審員は今日退廷し、十分な検討の後に判決を下すことになった。

 ドーセット州シャフツベリーに住むに Aaron Caffrey 容疑者(19 歳)は、2001年9月21日の早朝、ヒューストン港の Web ベース・システムの機能を数時間にわたって停止させ、同港の業務を妨害した疑いが持たれている。検察官は、今回の事件を Caffrey 容疑者がチャット・ルームのユーザに対して行うつもりだった攻撃が誤って同港に向けられてしまった結果と主張している。

 他方、Caffrey 容疑者は、疑いが持たれている攻撃と関連のあるコンピュータの無権限改変の容疑を否認している。

 今日の午後、サザク刑事裁判所でこの事件を概括した Loraine Smith 裁判官は、この事件においてどちらの側もヒューストン港の Web サーバへの攻撃が Caffrey 容疑者のコンピュータから来ているという証拠を論じていない。

 攻撃を仕掛けた Caffrey 容疑者のコンピュータのリモートアクセス権を取得したのは、同容疑者自身なのか、それとも正体不明の攻撃者なのか、陪審員は判定しなければならない。また陪審員は、Caffrey 容疑者の PC 上で発見された攻撃スクリプト(IIS Unicode Exploiter? Aaron によりコード化された PING DDoS ツール)を作成したのは誰なのか、についても検討する必要がある、と Smith 裁判官は付け加えた。


トロイの木馬戦争

 Caffrey 容疑者は、彼にとって不利となる証拠は攻撃者が同容疑者のマシンに埋め込んだものだと証言した。そして、詳細不明のトロイの木馬を使用して同容疑者の PC の制御権を奪い、攻撃を仕掛けたという。しかし、検察側の鑑定人 Neil Barrett 氏は、同容疑者のコンピュータにそのような攻撃の痕跡はないと証言した。

 警察はヒューストン港の NT サーバのコンピュータ・ログを利用して攻撃を追跡し、Caffrey 容疑者のドーセットの自宅にあるコンピュータに辿り着いた。そして 2002年1月、この捜査の指揮を執ったメトロポリタン警察のコンピュータ犯罪班の捜査官が同容疑者を逮捕した。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×