BlackBerryおよびPalm向けのRSA SecurIDソフトウェアトークンを発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

BlackBerryおよびPalm向けのRSA SecurIDソフトウェアトークンを発表(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは10月6日、BlackBerry対応の新しいRSA SecurIDソフトウェア・トークンおよびPalmハンドヘルド・デバイス対応の拡張サポートを発表した。BlackBerry RIMやPalmハンドヘルド・デバイスのような携帯機器にRSA SecurIDを導入することにより、ユーザは1台のデバイスで複数のアプリケーションにアクセスでき、専用の認証デバイスを持ち歩く必要が無くなる。企業にとっては、新たなハードウェア・デバイスを展開、維持しなくてもその電子的資産を強力な二要素認証で保護することができる。また、同日リリースされた認証クレデンシャル・ユーザ管理ソリューション「RSA SecurID Web Express v1.2」を使用することにより、手動プロセスを自動化し、RSA SecurIDソフトウェア・トークンの展開の迅速な処理、所有コストの低減が可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200310061.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×