Ballmer 氏、MS 新セキュリティ対策を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

Ballmer 氏、MS 新セキュリティ対策を発表

国際 海外情報

John Lettice
2003年10月9日 17:16 GMT

 数週間前、Microsoft 社は繰り返し損害をもたらす攻撃に直面し、"パッチをやみくもにリリース" するセキュリティ対策は失敗だったことを暗に認め、そして "境界の安全性確保" を目指すと述べた。しかし、Microsoft 社はどのような経緯でその新たなセキュリティ方針に至ったのか? 境界の安全性確保は、困難なことだ。従って、今日発表された同社の "新規セキュリティ方針" の中でパッチ管理を最優先事項に挙げたのは、そう驚くことではない。

 その声明文は10月9日、ニューオリンズで開催されたイベント、Worldwide Partner Conference で Microsoft 社の CEO Steve Ballmer 氏により発表された。その内容は大きく 3 つのカテゴリに分類される。その引用を以下に記す。

- パッチ管理のプロセス、ポリシーそして技術を向上させ、顧客のソフトを最新版の状態にし安全化を図る
- グローバルな教育プログラムを展開し、システムの安全性の確保を目指してより優れた指針およびツールを提供する
- 新しく且つ安全な技術で Microsoft Windows XP と Windows Server 2003 のアップデート実施する。それにより、仮にパッチがなくても、あるいはインストールされていなくても、従来よりは攻撃に耐え得る Windows になるだろう

 2 番目の項目に関しては目新しさがないように思える。ユーザが知らないとしたら、また学習する意思がないとしたら、これは意味がないことで、体面上の施策と思われる。だが、その項目から違う意味合いも読み取ることができる。Steve 氏のスピーチ原稿の全文は近々、公開されるだろう。

 また『パッチ・インストールの向上』という小見出しのあるページは、カミカゼのような使命すら感じる。これは、パッチ管理の簡素化、『新しいパッチ配布方法』の導入、そして月に一度、パッチをリリースするとしている。つまり、パッチは依然として必須だが(セキュリティホールがまた直ぐにでも発生した場合)、Microsoft 社はその管理の改善を試みようとしている。

 だが、その具体的な管理方法については抜け落ちている。仮に、Microsoft 社のアップデート・システムが厳密に優れたものではないとしても、そして大幅な改善の余地があるにしてもだ。そして、ワームは毎月の定期的なリリース・スケジュールでは対応できないだろう。対応できない場合、一般のユーザは激怒すると思われる。そして、慌ててパッチをリリースすることになるのだ。それらの一部は機能しないか、あるいは事態をさらに悪化させることになる。つまり、状態は何も変わらないということか? 業務市場において、Microsoft 社は 2004年前半に Software Update Services 2.0 をリリースし、『シームレスなパッチ、Windows、SQL Server、Office、Exchange Server そして Visio 用のスキャンおよびインストール』を提供する予定だと説明している。しかし、それではまだ説明不十分だ。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×