「スパムインデックス」第4号の調査結果を発表(英クリアスウィフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

「スパムインデックス」第4号の調査結果を発表(英クリアスウィフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 英クリアスウィフトは10月6日、スパムメールの傾向を月刊で紹介する「スパムインデックス」第4号の調査結果を発表した。今回の9月に行った調査では、ヘルスケア分野と詐欺商法関連のスパムが大幅に増えており、全スパムメールの大半は直販製品の販売を対象としたもの。この中で注目すべき点として、多くのスパムメールに、潜伏活動するスパイソフトウェアの購入を勧誘するものが含まれていることを挙げている。先日、マイクロソフトがチャットルーム閉鎖を発表した後、「スパイソフトウェアでインターネットを使うお子様を監視しませんか」という件名でスパイウェアの導入を促す詐欺メールが出回った。このような脅威に対してクリアスウィフトが提供する電子メールフィルタリングソフト「MAILsweeper for SMTP」は、spamActiveサービスにより、コンテンツ層でのテキスト分析や最新のスパムパターンと組み合わせ、スパマー集団から送られてくる最新のスパムをブロックすることができる。

http://www.clearswift.co.jp/news/press_216.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×