重大なインフラで使用されるプロトコルのトラフィックを検知 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

重大なインフラで使用されるプロトコルのトラフィックを検知

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
基礎〜実技までをPCを使って実践で学ぶ!  Scan Security Academy主催
『 WEBアプリケーションセキュリティ基礎編・実技編 』
───────────────────────────────────
★アカデミー発足記念★ 参加者全員に「PrisonMEMO Pro」をプレゼント!
詳細・申込み→ http://www.vagabond.co.jp/c2/shop/others/sem0310-01.html
───────────────────────────────────

 米ISS(Internet Security Systems)は、SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)のOPC(OLE process control)インタフェースが怪しいトラフィックを検知したと発表した。OPCは発電所やガス、ダム、鉄道のネットワーク、製造、採鉱といった重大なインフラのコントロールやモニタに使用されるプロトコルで、ISSでは必ずしも攻撃ではないとしながらも大きな被害につながる可能性もあるため注意を促している。


ISS:SCADA OLE process control (OPC) DCOM suspected buffer overflow
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/13393

ISS:SCADA OLE process control (OPC) DCOM binding detected
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/13392
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×