意図しないプログラムの実行をされる問題に関する累積パッチをリリース(米マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

意図しないプログラムの実行をされる問題に関する累積パッチをリリース(米マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米マイクロソフトは10月3日、「MS03-040: Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (828750)」をリリースした。この修正プログラムには、MS03-032: Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (822925)が含まれている。その他、新たな修正として、IEがWebサーバから返されたオブジェクトを正しく認識できない任意のプログラムを実行される、IEがXMLの処理中にWebサーバから返されたオブジェクトを正しく認識できないことにより任意のプログラムを実行される、という2つの問題が修正されている。なお、影響を受けるのは、Microsoft Internet Explorer 5.01/5.5/6/6 for Windows Server 2003。マイクロソフトでは、この深刻度を「緊急」としている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/bulletin/MS03-040ov.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×