セキュリティ専門家などがWindowsの独占による潜在的な危険性を指摘 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

セキュリティ専門家などがWindowsの独占による潜在的な危険性を指摘

国際 海外情報

──────────────────────────────〔Info〕─
┯―    セキュリティ [裏事情] を少しだけお教えいたします    ―┯
│ インシデントをおこした企業、能力のないサーバ管理者 または   │
│     そんな風にはなりたくない方にお贈りする一冊。       │
│          ▽ 無料サンプル公開中 ▽              │
┠― https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?lng01_sdx ――┨
─────────────────────────────────


 セキュリティベンダの幹部やライター、研究者など7人の専門家は9月24日(米国時間)、ワシントンDCで開催されたCCIA(コンピューター通信産業協会)に報告書を提出した。報告書によると、Windowsの家庭用OSの独占およびサーバOSへの急速な進出によって、セキュリティ侵害の危険性が増大したとしている。一方、この報告書を作成したセキュリティベンダの社員が解雇されたというニュースも届いている。


Introduction by Computer & Communications Industry Association (CCIA)
http://www.ccianet.org/papers/cyberinsecurity.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×