ペンシルベニア州立大学が「RSA SecurID」を採用(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

ペンシルベニア州立大学が「RSA SecurID」を採用(米RSA Security)

 米RSA Securityは9月10日、ペンシルベニア州立大学(PSU)が管理システムへの無認可アクセス防止に二要素認証ソフトウェア「RSA SecurID」を採用したと発表した。今回の導入により、高速インターネット接続を利用してリアルタイムで学生の成績と大学の記録にアクセスで

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは9月10日、ペンシルベニア州立大学(PSU)が管理システムへの無認可アクセス防止に二要素認証ソフトウェア「RSA SecurID」を採用したと発表した。今回の導入により、高速インターネット接続を利用してリアルタイムで学生の成績と大学の記録にアクセスできるほか、データのプライバシーと整合性を守る。PSUの職員は一人一人にトークンが割り当てられ、それが60秒ごとに予測不能な新しいコードを生成し、職員はその番号と本人だけが知っているPINとを組み合わせることによって、保護されたリソースにログインする。また「RSA SecurID」は、高等教育・研究機関のITシステムをターゲットとしたハッカー、破壊活動、サイバー犯罪から、学生の個人記録、成績、その他重要な管理情報の機密を保護する役割も果たす。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200309101.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×