米VeriSignのサイトファインダサービスに激しい非難 | ScanNetSecurity
2022.06.28(火)

米VeriSignのサイトファインダサービスに激しい非難

──────────────────────────────〔Info〕─ 【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■  キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円               ■■■■■■■■■■■■■■    国内 co.jp ドメ

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕─
【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■
 キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円
              ■■■■■■■■■■■■■■
   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約20万件の網羅的なデータベース
   → https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_sdx
─────────────────────────────────


 米VeriSignが提供を開始した「サイトファインダ」サービスに激しい非難が集中している。このサービスは、ユーザがURLの入力をミスした場合に他のサイトに強制的に誘導するというもの。誘導先のサイトには正しいと思われるサイトへのリンクが複数表示されるが、この際には広告サイトが優先的に表示され、スパムを遮断する機能を無効化してしまう。BIND(Berkeley Internet Name Domain)を管理する非営利団体ISC(インターネット・ソフトウェア・コンソーシアム)は、同サービスを遮断する緊急パッチの提供を予定している。


米VeriSign
http://www.verisign.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×