NY Times のハッカー自首、そして保釈 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

NY Times のハッカー自首、そして保釈

国際 海外情報

Kevin Poulsen(SecurityFocus)
2003年9月10日 09:55 GMT

 カリフォルニア州サクラメント−火曜(9日)の午後、連邦判事は Adrian Lamo 容疑者を保釈し、両親の元に返すことを命じた。ただし、コンピュータの使用を禁じ、公判が行われるまでフルタイムの仕事に就くことを命じた。

 Gregory Hollows 連邦治安判事は月曜、連邦公定弁護人事務局とニューヨーク検察当局との交渉で決められた自首の条件に従い Lamo 容疑者に保釈金 25 万ドルと同容疑者の両親の家で監督下に置くことを命じた。

 Camil Skipper 検事補は法廷で次のように述べた。「彼の放浪癖は有名なので、高い保釈金は当然だ。彼は定住場所を持たないライフスタイルを貫き "ホームレス・ハッカー" の異名をとっていた。」

 同容疑者の保釈条件により、Lamo 容疑者が旅行許可を事前に裁判所から取得しない限り、今後の放浪先はカリフォルニア州北東部、そしてニューヨーク州南部に落ち着くと思われる。

 同容疑者は国費をつかって飛行機でニューヨーク市に移送され、木曜の朝、FBI に出頭した。

 そこで、同容疑者は昨年発生した New York Times の内部ネットワークへの不正アクセス事件に関連した二つの容疑で告訴される。一つは、コンピュータの不正侵入、もう一つは"アクセス・デバイス" の不法所持だ。「問題のアクセス・デバイスは Times のネットワークから不正に入手した Lexis-Nexis データベース・サービスのパスワードを参照する際に使用した」と月曜に Mary French 連邦公定弁護人は語った。

 自首した後、拘留されていた Lamo 容疑者は火曜の朝、両手に手錠をかけられ普段着で法廷に現われ、Hollows 治安判事が彼の権利を読み上げるのを黙って聞いた。法廷の後の席には、同容疑者の母親 Mary Lamo さんがいた。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×