Linuxサーバへの攻撃はWindowsサーバの3倍に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

Linuxサーバへの攻撃はWindowsサーバの3倍に

国際 海外情報

──────────────────────────────〔Info〕─
┯―    セキュリティ [裏事情] を少しだけお教えいたします    ―┯
│ インシデントをおこした企業、能力のないサーバ管理者 または   │
│     そんな風にはなりたくない方にお贈りする一冊。       │
│          ▽ 無料サンプル公開中 ▽              │
┠― https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?lng01_sdx ――┨
─────────────────────────────────


 英mi2g社は、サーバ攻撃のための不正侵入に関する調査をまとめ発表を行った。調査によると、侵入の対象とされたサーバはLinuxが67%と圧倒的に多く、23.2%のWindowsサーバの3倍となった。本年8月だけでもWindowsサーバへの侵入が4,626台であったことに対しLinuxサーバへの侵入は12,892台に及んだ。一方、BSD系OSを搭載したサーバは360台にとどまっている。ただしこの傾向は一般企業のものであり、政府機関のサーバへの侵入はWindowsサーバが51.4%、Linuxサーバは14.3%と逆転する。同社では8月のサーバ侵入による被害額は7億700万ドルと推定している。


mi2g
http://www.mi2g.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×