香港郵政公社の電子証明書発行に「UniCERT」を採用(英Baltimore Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

香港郵政公社の電子証明書発行に「UniCERT」を採用(英Baltimore Technologies)

 英Baltimore Technologies社は、香港の郵政公社が新規に発行する香港IDカード(スマートID)に埋め込まれる電子証明書「e-Cert」の発行および管理を行う認証局システムとして、同社の「UniCERT」が採用されたことを発表した。「スマートID」は、香港の全住民が現在所有

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 英Baltimore Technologies社は、香港の郵政公社が新規に発行する香港IDカード(スマートID)に埋め込まれる電子証明書「e-Cert」の発行および管理を行う認証局システムとして、同社の「UniCERT」が採用されたことを発表した。「スマートID」は、香港の全住民が現在所有している紙ベースのIDに代わるもので、香港のすべての住民は将来的に、これを利用して政府機関と電子情報のやりとりを簡単かつ効率的に行うことができるようになる。また、オンライン取引を認証するための電子証明書である「e-Cert」は、今後4年間で400万枚の発行が見込まれており、この複雑な登録管理が「UniCERT」利用される。なお、今回のセキュリティサービスの提供では米HP社と協業した。

http://www.baltimore.co.jp/news_events/press/press.asp?prid=305
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×