IT資産管理サービスに「不正接続PC検出機能」を追加(ビック東海) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

IT資産管理サービスに「不正接続PC検出機能」を追加(ビック東海)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ビック東海は9月17日、自社の「IT資産管理サービスOfficeGear/AssetManager」のセキュリティ対策のオプション機能として企業内ネットワークに接続されている不正接続PCを24時間365日監視・検出して管理者に通知する「不正接続PC検出機能」を株式会社ネットマークスと提携して11月より提供開始すると発表した。IT資産管理サービス「OfficeGear/AssetManager」は、企業におけるPCなどのハードウェア構成情報やソフトウェア情報などを自動収集し、その自動収集された構成情報の照会やソフトウェアの稼働管理、セキュリティ管理、資産契約管理などのIT資産のコスト削減とリスク回避をトータルで実現するサービス。同オプション機能は、ビック東海のIT資産管理サービスの持つインベントリ自動収集機能とネットマークスの不正PC検出機能を連動することで、管理者の負担を増やすことなく不正接続PCの監視・検出が可能としたもの。

http://www.victokai.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×