米のID盗難被害、過去5年間で2,730万人 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

米のID盗難被害、過去5年間で2,730万人

国際 海外情報

──────────────────────────────〔Info〕─
セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃
  今なら165,900が99,800に!!━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
詳細⇒ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ftg01_sdx
─────────────────────────────────


 米FTC(米連邦貿易委員会)は9月3日、ID盗難被害に関する調査報告をまとめ発表した。調査によると、米ユーザーがネット上あるいは実生活においてID盗難の被害に遭遇した件数は過去5年間で2,730万人に上り、被害額は企業で480億ドル、個人ユーザで50億ドルに達するという。ID盗難の原因の半分はクレジットカードやチェックブック、社会保険番号などの紛失や盗難で、特にここ1〜2年はネット上やPCから盗難されるケースが急増している。


FTC Releases Survey of Identity Theft in U.S. 27.3 Million Victims in Past 5 Years, Billions in Losses for Businesses and Consumers
http://www.ftc.gov/opa/2003/09/idtheft.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×