ワンタイムパスワード認証サービスの提供を開始(KDDI) | ScanNetSecurity
2022.06.28(火)

ワンタイムパスワード認証サービスの提供を開始(KDDI)

 KDDI株式会社は、ネットワークセキュリティソリューションの一環として、米ActivCard社の高度な認証技術を用いた「ワンタイムパスワード認証サービス」の提供を開始した。新サービスは、IP-VPN等で構築された企業のイントラネットに自宅やモバイル環境からアクセスする

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 KDDI株式会社は、ネットワークセキュリティソリューションの一環として、米ActivCard社の高度な認証技術を用いた「ワンタイムパスワード認証サービス」の提供を開始した。新サービスは、IP-VPN等で構築された企業のイントラネットに自宅やモバイル環境からアクセスする場合に、よりセキュリティの高いワンタイムパスワードを提供するもの。ユーザは提供されたセキュリティトークンを使ってその時限りのワンタイムパスワードを発行し、IDと組み合わせてネットワークにアクセスすることが可能。パスワードは毎回変更され、またその有効期間も限られているため、不正アクセスの危険性を極めて低く抑えることができる。料金は導入費用がトークン設定費2,000円/トークン、ユーザID設定費100円/ID。月額料金は4,000円〜(10IDまで)。

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2003/0828a/besshi.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×