地方公共団体へのBlasterの影響は25団体、200台以上に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

地方公共団体へのBlasterの影響は25団体、200台以上に

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
【2本セットで1本分!】■■■■■■■■■■■■■■
 キャンペーン実施中 50万円+50万円=50万円
              ■■■■■■■■■■■■■■
   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約20万件の網羅的なデータベース
   → https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_sdx
─────────────────────────────────


 各メディアがBlasterワームによる地方公共団体の被害状況をまとめている。IPAセキュリティセンターによると、18日午後5時30分現在で累計2,090件、経済産業省には1,040件の届出、相談があった。また、地方公共団体への影響は、都道府県では東京都が300台、青森県で29台の感染があり、市町村では世田谷区の100台を筆頭に大田区、八戸市、長野市、名古屋市など25以上、200台以上が感染、世田谷区や長野県は一時住基ネットの接続を中止した。また、宮城県県立循環器・呼吸器病センター、日本郵政公社などでも感染が確認されている。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×