MSがBlaster対策として「Windows Update」アドレスを閉鎖 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

MSがBlaster対策として「Windows Update」アドレスを閉鎖

──────────────────────────────〔Info〕─ ┯―    セキュリティ [裏事情] を少しだけお教えいたします    ―┯ │ インシデントをおこした企業、能力のないサーバ管理者 または   │ │     そんな風にはなりたくない方

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕─
┯―    セキュリティ [裏事情] を少しだけお教えいたします    ―┯
│ インシデントをおこした企業、能力のないサーバ管理者 または   │
│     そんな風にはなりたくない方にお贈りする一冊。       │
│          ▽ 無料サンプル公開中 ▽              │
┠― https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?lng01_sdx ――┨
─────────────────────────────────


 8月18日、米マイクロソフトはBlaster対策のために「Windows Update」アドレスを閉鎖した。同ワームは8月16日よりWindows Updateを攻撃するプログラムが含まれており、被害の緩和を狙ったもの。具体的にはDNSサーバのWindowsupdate.comエントリに対応するインターネットアドレスを変更したため、Windows Updateサービスそのものは利用可能だ。


Windows Update
http://windowsupdate.microsoft.com
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×