【Macintosh セキュリティ特集】Fairly Good Privacy(テキストの暗号化) | ScanNetSecurity
2022.09.30(金)

【Macintosh セキュリティ特集】Fairly Good Privacy(テキストの暗号化)

開発者:Tim Conkling

国際 海外情報
開発者:Tim Conkling

製品情報:
 Fairly Good Privacy(または FGP)は、誰でも簡単に使えるテキスト暗号化プログラムで、他人に読まれたくない電子メール・メッセージの暗号化に極めて有用である。FGP を使用して、文書を何度も暗号化でき、その暗号化プロセスで使用されているパスワードを知っている他の人が復号化できる。

- 全ての FGP クラッシュの原因だった(願わくは)主なメモリ消費のバグを修正した(Spotlight に感謝!)
- 独立した 68K および PPC アプリケーションはない。1 個の "FAT" アプリケーションが全てのプロセッサ上においてそのままで実行する。
- 非アピアランス・モードで実行している間に、各ウィンドウにプログラムの暗号化/復号化 "ボタン" 用の "追跡制御"機能を追加した。このバージョンでは、マウスがクリックされても "ボタン" は直ぐに暗号化/復号化機能を実行しない(何かを実行する前にクリックが rect にあるか否かを確認するために待つ)。


[情報提供:SecureMac]
http://www.securemac.com/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×