【Macintosh セキュリティ特集】Fairly Good Privacy(テキストの暗号化) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

【Macintosh セキュリティ特集】Fairly Good Privacy(テキストの暗号化)

国際 海外情報

開発者:Tim Conkling

製品情報:
 Fairly Good Privacy(または FGP)は、誰でも簡単に使えるテキスト暗号化プログラムで、他人に読まれたくない電子メール・メッセージの暗号化に極めて有用である。FGP を使用して、文書を何度も暗号化でき、その暗号化プロセスで使用されているパスワードを知っている他の人が復号化できる。

- 全ての FGP クラッシュの原因だった(願わくは)主なメモリ消費のバグを修正した(Spotlight に感謝!)
- 独立した 68K および PPC アプリケーションはない。1 個の "FAT" アプリケーションが全てのプロセッサ上においてそのままで実行する。
- 非アピアランス・モードで実行している間に、各ウィンドウにプログラムの暗号化/復号化 "ボタン" 用の "追跡制御"機能を追加した。このバージョンでは、マウスがクリックされても "ボタン" は直ぐに暗号化/復号化機能を実行しない(何かを実行する前にクリックが rect にあるか否かを確認するために待つ)。


[情報提供:SecureMac]
http://www.securemac.com/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×