Symantecと協力し、デジタル・アイデンティティ管理を支援(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

Symantecと協力し、デジタル・アイデンティティ管理を支援(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月2日、Symantec Corp.との協力関係を強化し、「RSA SecurID」二要素認証ソフトウェアによる「pcAnywhere 11.0」のセキュリティ・サポートを拡張したと発表した。「pcAnywhere 11.0」は、Symantecが提供するリモート・コントロール・ソリューション。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは7月2日、Symantec Corp.との協力関係を強化し、「RSA SecurID」二要素認証ソフトウェアによる「pcAnywhere 11.0」のセキュリティ・サポートを拡張したと発表した。「pcAnywhere 11.0」は、Symantecが提供するリモート・コントロール・ソリューション。同製品には、RSA Securedパートナー・プログラムを通じて、RSA SecurIDテクノロジとネイティブに統合し、権限をもつユーザのみにpcAnywhereホストへの接続を許可する二要素認証方式を用いている。また、pcAnywhere 11.0製品のプライバシーと機密性の確立において、SymantecはRSA BSAFE暗号化ツールキットも利用している。米RSA Securityでは、Symantec製品へのRSA SecurID認証の組み込みは、両社の戦略的パートナーシップを強め、両社共通の顧客に対して、デジタル・アイデンティティの管理と高レベルのセキュリティ提供を効率的に実現するとしている。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200307021.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×