新しいセキュリティアプライアンス市場でシェア第1位を獲得(米ブルーコートシステムズ) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

新しいセキュリティアプライアンス市場でシェア第1位を獲得(米ブルーコートシステムズ)

 米ブルーコートシステムズは7月8日、IDCがセキュアコンテンツ管理アプライアンスの世界的なリーディングプロバイダにブルーコートを指名したことを発表した。IDCが最近発表したレポートの中では、ブルーコートが33%の市場シェアを獲得し、最も近接している競合ベンダ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米ブルーコートシステムズは7月8日、IDCがセキュアコンテンツ管理アプライアンスの世界的なリーディングプロバイダにブルーコートを指名したことを発表した。IDCが最近発表したレポートの中では、ブルーコートが33%の市場シェアを獲得し、最も近接している競合ベンダの3倍以上のシェアを持つとしている。2002年のセキュアコンテンツ管理アプライアンスの市場規模は1億800万米ドルに達し、2001年に比べて101%の成長を達成した。そしてその中で、ブルーコートは、市場をリードするプロキシセキュリティアプライアンスであるSG400/SG800/SG6000による収益により、最大の売上シェアを確保した。新たな脅威、個人情報保護規定、法的責任、新たなメッセージングアプリケーション、PECS(policy enforced client security)を始めとする市場要因により、この市場が今後5年間で急激に成長するとIDCは予測している。

http://www.bluecoat.co.jp/news/releases/2003/070803_scmamarket_leader.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×