6月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2022.01.19(水)

6月のウイルス届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は7月4日、2003年6月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。レポートによると感染報告数1位は「W32/Bugbear.b.dam」で25.50%、2位は「W32/ Bugbear.b@MM 」で23.40%、3位は「JS/ Fortnight@M 」で12.80%であった

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は7月4日、2003年6月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。レポートによると感染報告数1位は「W32/Bugbear.b.dam」で25.50%、2位は「W32/Bugbear.b@MM」で23.40%、3位は「JS/Fortnight@M」で12.80%であった。Bugbear.bは6月初旬に発生したウイルス。日本では対応が早かったため大きな被害は出ていないが、日本で検出され始めた時間帯が同月5日夕方からであったため、定義ファイルの更新の対応は深夜にまで及んだとのこと。今月は1〜3位までを新種ウイルスが占めており、先月まで1位を独占していた「W32/Klez.h@MM」は感染数12.80%で4位に後退している。また、5位にも新種ウイルスの「BAT/Mumu.worm」がランクインされている。日本ネットワークアソシエイツでは同ウイルスに対し、「Mumuワームは初期の感染方法の危険度は低いですが、関連ファイル数の多さと複雑さから、今後の亜種発生の危険性も高く注意が必要です」と注意を呼びかけている。

http://www.nai.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×