5月のコンピュータウイルス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

5月のコンピュータウイルス届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年5月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。レポートによると、5月の1位はW32/Klezで届出件数372件、2位はW32/Fizzerで310件、3位はW32/Sobigで151件。全体の届出件数は、4月の1,110件から約3割

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年5月度のコンピュータウイルス届出状況を発表した。レポートによると、5月の1位はW32/Klezで届出件数372件、2位はW32/Fizzerで310件、3位はW32/Sobigで151件。全体の届出件数は、4月の1,110件から約3割増の1,458件となった。2位となった新種ウイルスW32/Fizzerは、メールの添付ファイルおよびファイル共有ネットワークを介して感染を拡大するウイルス。さらに、キーボードからの入力情報を記録するプログラム(キーロガー)をインストールし、バックドアを仕掛ける。最近のウイルスの傾向として、P2Pアプリケーションを利用しての感染をあげ、「最新のワクチンソフトで検査する」、「添付ファイルを安易に開かない」といったウイルス対策の基本を徹底して頂きたい、としている。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2003/06.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×