MandrakeSoftがGhostscriptのアップデートパッケージをリリース | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

MandrakeSoftがGhostscriptのアップデートパッケージをリリース

──────────────────────────────〔Info〕──   【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】        /   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開 / _____________________________

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕──
  【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】        /
  国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開 /
_________________________________________________________________________________________/
■■URL、IPアドレス、OSなどのバージョン、事業者名までわかる!■■
詳細→ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_netsec
───────────────────────────────────


 MandrakeSoftがGhostscriptのアップデートパッケージをリリースした。このアップデートによって、Ghostscriptが原因でローカルの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される問題が修正される。


Mandrake Linux Update and Security Advisories
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×