架空の利用料金請求、国民生活センターにも届く | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

架空の利用料金請求、国民生活センターにも届く

──────────────────────────────〔Info〕──   【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】        /   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開 / _____________________________

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕──
  【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】        /
  国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開 /
_________________________________________________________________________________________/
■■URL、IPアドレス、OSなどのバージョン、事業者名までわかる!■■
詳細→ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_netsec
───────────────────────────────────


 利用した覚えのない有料情報料、ツーショットダイヤル、ダイヤルQ2と称する情報料などが電子メールやはがき、封書で届く架空の利用料金請求が問題になっているが、この架空請求が国民生活センターにも届いたとして同サイトで公開されている。請求は2回にわたって届いたという。


国民生活センター:悪質な電話関係の「利用した覚えのない請求」が横行しています
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/twoshotto.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×