メール配信システムASPの脆弱性診断を実施、検出数ゼロ(トライコーン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

メール配信システムASPの脆弱性診断を実施、検出数ゼロ(トライコーン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トライコーン株式会社は5月20日、法人向けメール配信システムASP「アウトバーン」のWebアプリケーション部分に関するセキュリティ脆弱性診断を実施し、問題検出件数ゼロという結果であったことを発表した。
 この診断結果は、WSAO( http://wsao.com/ )が提供する診断サービスパートナーである株式会社ネットワークセキュリティテクノロジージャパンと株式会社バガボンドによる「Webアプリケーション脆弱性診断サービス」により明らかになったもの。同サービスによって検出される項目は、Hiddenフィールドの操作、パラメータの改竄、Cookieの濫用、ステルスコマンド、クロスサイトスクリプティング、バッファオーバーフロー、サードパーティ製品の設定ミス、強制ブラウジング、バックドア・デバックオプションの不正使用など。
 同社は、既存のユーザおよび今度導入を検討している企業に、より安全で快適なサービス環境を整え、更なる事業の拡張を目指す、としている。

http://www.tricorn.co.jp/press/145.phtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×