【Macintosh セキュリティ特集】Mac OS および Mac OS X 対応の Stealth Signal | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.23(土)

【Macintosh セキュリティ特集】Mac OS および Mac OS X 対応の Stealth Signal

国際 海外情報

 世界中でコンピュータ機器の盗難が相次いでいる。どのような措置を施したら、あなたのコンピュータが隣人よりも安全だ、と思えるようになるのか。Stealth Signal のコンセプトは単純だ。Stealth Signal サービスを利用することで、あなたのコンピュータは監視され、従って仮にあなたのノートパソコンが盗難に遭っても、場所を突き止めて探し出すことに役立つだろう。

Stealth Signal の仕組み:
 検知不可能な小型プログラム(Stealth Signal Transmitter) がコンピュータにインストールされる。そのプログラムは我々の監視ネットワークにシグナルを静的に送信する。送信はランダムに行われ、コンピュータの通常の動作に影響を与えることはない。

 Stealth Signal 監視ネットワークが Stealth Signal エージェントからシグナルを受信すると、ユニットの識別および時間が動作記録データベースに保存される。

 その動作記録には、Stealth Signal社の Web サイト( http://www.stealthsignal.com )のコントロール・センターにログインすることでアクセスできる。その情報をブラウズするには、正当な Stealth Signal アカウントおよびパスワードが必要となる。

 コンピュータの盗難もしくは紛失が発生した場合、ユーザは Stealth Signal の Web サイトにログインし、盗難もしくは紛失フォームに記入して Stealth Signal に知らせる必要がある。そのフォームが適切に送られると、場所の特定作業ならびに回収プロセスが開始される。

 複数のコンピュータを所有する企業およびネットワークは、盗まれたコンピュータに関する場所の特定や報告を容易且つ迅速に入手できる。また、コンピュータが最後にオンラインに接続した時間、および使用したサービス・プロバイダに関する情報が容易に入手できる。

 Stealth Signal は地方自治体、電話会社、そしてインターネット・サービス・プロバイダの協力を得て、盗難もしくは紛失したコンピュータの回収作業にあたっている。このプログラムを使用している複数のコンピュータを所有している場合、コンピュータを迅速に見つけるには記録を検索するだけでよい。

 筆者は、ハードウェアを貴重なものと見なし、安全性を確保するためのセキュリティ措置を望んでいるユーザなら誰でも同プログラムを使用した方が良いと考えている。

 ハッカーの次のような言葉を耳にしたことがある。「コンピュータを盗んだ場合、すぐにインターネットに接続するようなことだけはしない。まず、ハードドライブを消去するだろう。」確かに、そのようなことを実行するハッカーもいるだろう。だが金銭目的あるいは情報目的にコンピュータを盗む人たちは(中のソフトウェアをそのままにして)コンピュータを売り払うか、もしくは中に入っている情報を引き出し、データを別のコンピュータに転送しようとする。盗まれたコンピュータがインターネットあるいはモデムに接続されると、Stealth Signal に通知する。

 自分の身にやましいところがなければ、自身のコンピュータに追跡ソフトウェアを搭載するだろうと、普通の人々は考えるかもしれない。また、泥棒はコンピュータ盗難に遭った人間を愚か者と笑う。泥棒に高笑いをさせてはいけない。捕らえるのだ。これもセキュリティ強化の一つの方法である。


[情報提供:SecureMac]
http://www.securemac.com/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

    Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  2. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

    フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  3. 豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

    豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  6. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  7. 「ゴリラズ・アプリ」の暗号解読で求人の一次審査を免除(英ジャガー・ランドローバー)

  8. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  9. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  10. 来月ビットコインが消え去るかもしれないが、パニックに陥るべきではない(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×