海外ホスティングサービス連続改竄の影響で国内サイトに被害 注意が必要 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

海外ホスティングサービス連続改竄の影響で国内サイトに被害 注意が必要

──────────────────────────────〔Info〕── セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

国際 海外情報
──────────────────────────────〔Info〕──
セキュリティメルマガ 春の [85%] オフキャンペーン

【個人のお客様向け特別セット】既存のお客様もキャンペーン対象!
SCANシリーズ4誌合わせても4,800円/年   <<5月31日まで>>
お申込は→ http://shop.vagabond.co.jp/85/
───────────────────────────────────


 ここ数日に発生している国内サイトの改竄被害は、特定の IP に複数のサイトを収納しているバーチャルホスティングをターゲットとしたいわゆる「Mass defacement」であった。

 一般的にホスティングサービスには、ひとつのサーバに数多くのドメイン、サイトを収納するサービスがある。この攻撃は、特定のホスティングサービスをねらい、ひとつのサーバを攻撃し、そこにホスティングしている多数のサイトを一挙に改竄するものである。そのためひとつのサーバが攻撃されただけで一挙に数百を超えるサイトの改竄被害が発生することもある。

 今回の改竄は、「BloodBR」と名乗るクラッカーによっておこなわれている。ターゲットとなったホスティングサービスは、Rackspace Managed Hosting 社の提供するもので「64.49.194.19」や「64.49.194.42」などの IP で被害が確認されている。同社のサービスは、日本国内でもさまざまなサイトで紹介されており、日本の利用者も少なからずいると考えられる。

 同社の利用している IP アドレスは、下記の範囲である。
 ホスティングサービス(バーチャルドメイン、レンタルサーバ)を利用している方は自社のサイトが利用している IP アドレスが該当するかどうか確認することをお勧めする。

◇ターゲットの IP 範囲: 64.49.194.0 から 64.49.194.63

 なお、自社のサイトの IP アドレスなどの情報を確認する方法は下記にくわしい

◇自分の利用しているサーバの状況を確認する方法(2002.7.2)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/5767.html
◇TraceList の手順
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/8295.html
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/8397.html
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/8494.html

[ Prisoner Langley ]
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×