クラッカー USG の改竄被害 1分間に3から4サイトが改竄 単一IPに集中 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

クラッカー USG の改竄被害 1分間に3から4サイトが改竄 単一IPに集中

 Scan Daily EXpress は、2003年3月20日から開始されたイラク戦争にともなうクラッキング活動が激しさを増していると発表した。  クラッカーグループ USG(UNIX Security Guards) が改竄した米英のサイトは、400件を突破した。  ターゲットは、Linux に絞られており、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Scan Daily EXpress は、2003年3月20日から開始されたイラク戦争にともなうクラッキング活動が激しさを増していると発表した。
 クラッカーグループ USG(UNIX Security Guards) が改竄した米英のサイトは、400件を突破した。
 ターゲットは、Linux に絞られており、戦争開始から継続して活発な活動を続けている。ごく一部 Windows2000 のサーバも含まれていることが確認されている。
 現在は、1分間に3〜4件のサイトが改竄されており、2003年3月20日から2003年3月21日10:00の間に改竄サイトされたサイトは500件以上となっている。1,000件を超えるのも時間の問題と思われる。

 いまのところ、日本のサイトの改竄は確認されていない。

 クラッカーグループによる改竄活動は過去にもあったが、今回は数とスピードの点でこれまでのものを大幅に上回る規模で進行中である。

 昨日までの時点では、USG (UNIX Security Guards) 以外のクラッカーグループ(SHADOW BOYS)の活動も目立っていたが、21日に入ってからは USG の活動一色となっている。

 しかし、USG(UNIX Security Guards) のターゲットとなったサイトのIPアドレスは、本日に入ってからは 209.123.62.2 に集中しており、物理的に複数のサーバが連続して改竄されているわけではない模様である。このIPアドレスを保有しているのは、米国の Net Access Corporation であり、ISP事業、データセンター事業をいとなんでいる。

Scan Daily EXpress
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×