イラク戦争に関連して米英サイトのクラッキング 複数のクラッカーが活動 | ScanNetSecurity
2021.03.05(金)

イラク戦争に関連して米英サイトのクラッキング 複数のクラッカーが活動

 今回の戦争に関係した Web の改竄が多発している。主として、米英のサイトが被害にあっている。  クラッキング活動を行っているのは、USG(UNIX Security Guards)と名乗るグループであり、2002年5月から活動を開始している。反米英、反イスラエル、反インドを標榜し

製品・サービス・業界動向 業界動向
 今回の戦争に関係した Web の改竄が多発している。主として、米英のサイトが被害にあっている。
 クラッキング活動を行っているのは、USG(UNIX Security Guards)と名乗るグループであり、2002年5月から活動を開始している。反米英、反イスラエル、反インドを標榜した複数のグループが協同して活動している可能性がある。このグループについてのレポートが下記のURLに掲載されている。

 Pro-Islamic Hacker groups joining forces globally
http://mi2g.com/cgi/mi2g/press/180602.pdf

 累積で1,000件を超える改竄活動を行っていると推定される。
 今回の戦争に関連して改竄された Web は、800を超えるという説もあるが、編集部で確認できたものは、100未満にとどまっている。ターゲットとされているのは主に Linux ベースのサーバである。
 一方、USG とは別に SHADOW BOYS と名乗るクラッカーがWindowsをターゲットとした改竄活動を行っており、こちらは200件を超える改竄被害が発生している。

 USG と SHADOW BOYS の2つのグループの活動により、今日の改竄被害は大量のものとなっている。また、ターゲットとなるサーバも Linux と Windows の両方におよんでいる。

 現在、国内での改竄は確認されていないが、じゅうぶんな注意が必要である。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×