Unix用管理ツールWebmin にセッションID偽装の脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

Unix用管理ツールWebmin にセッションID偽装の脆弱性

 Webmin および Usermin の親プロセスと子プロセス間の通信において、任意のユーザでログイン済みであるかのようなセッション ID を偽造できる脆弱性が発見された。ログインしていないユーザがこれらのソフトウェアを利用することが可能となる。これらのソフトウェアで

国際 海外情報
 Webmin および Usermin の親プロセスと子プロセス間の通信において、任意のユーザでログイン済みであるかのようなセッション ID を偽造できる脆弱性が発見された。ログインしていないユーザがこれらのソフトウェアを利用することが可能となる。これらのソフトウェアでは、Web を経由したアクセス管理のために使用するセッションID の作成や確認、およびパスワードタイムアウトの設定などの処理の際に、親プロセスと子プロセス間でパイプを使用した通信を行っている。このとき、認証情報として渡されるデータ中に含まれる制御文字の排除が行われていない。これを利用することで、任意のセッション ID とユーザの組み合わせがログイン済みであると Webmin および Usermin に認識させられる。これを利用して Webmin の機能を利用することができた場合、root 権限で任意のコマンドを実行することができる可能性がある。


Webmin 1.050 - 1.060 remote exploit
http://msgs.securepoint.com/bugtraq/

Webmin/Usermin Session ID Spoofing Vulnerability
http://www.lac.co.jp/security/intelligence/SNSAdvisory/53.html


告知:
SCAN シリーズ まるとく・セキュリティ商品 4大キャンペーン!3月末まで!
http://shop.vagabond.co.jp/campaign/
『Scan Security Management』 創刊!
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssm01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×